本気猫 ビビりながら初めての出産・子育てに挑む in France

ズボラな猫系在仏日本人女性がちょっとだけおしゃれなママンを目指すブログ。

MENU

産後一ヶ月、文字通り一皮むける。

f:id:madamedidiclaire:20190423202652j:image

 

最近とても暖かく、ついにTシャツを着るようになりました。なんとなくめくれたお腹をみると

 

 

なんじゃこりゃ〜〜

超超超〜〜

気持ち悪い〜〜_:(´ཀ`」 ∠):

 

 

例えると皮膚の上に塗った“ノリ”が乾いたかのように薄い皮膚がはっていて、細かい穴が空いている、、、しかもウエストの皮膚全体。

 

 

縮んだお腹についてこれない皮膚が抜け落ちるんでしょう、ちょっと触るとピローってめくれる。慌ててお風呂に入ってスクラブしました。一皮むけたのでお腹はツルッツル、色も明るくなりました。正中線は相変わらずあるけど。

 

 

これのおかげか分からないけど、とりあえずお肌がツルツルになるのでホワイトバーチのオイルと、フラボノイドたっぷりらしきホワイトバーチリキッド(飲む用)も愛用してます。

子供の翼を折りたくなかったら、か。

東大入学式の祝辞で衝撃を受けた私。

 

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message29_03.html

 

恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるために利用してる若者が増えたと感じるなら

 

 

 

(…そんなことはないと思う。段々染まっていくことはあっても。)

 

 

 

それは親、社会、国の問題。

 

 

 

そんな環境に作り上げたのは一体どこの誰でしょうか?(そして今何をやっている?)

 

 

 

…と妙にモヤついたのは私だけでしょうか?

 

 

 

 

個性的な助産師のアツイ言葉。

f:id:madamedidiclaire:20190327200742j:image

 

入院初日のこと。

出産を終えベッドごと部屋に移動してもらった私。個室で夫のベッドもあってヨカッタと思うと同時に超デカイ声のマダムが沈黙を破った。

 

 

 

 

ボーーーンジューール!!

あ〜なた可愛いマダムだねぇ〜〜え。

どこのオリジン?まぁ〜あ、日本人〜〜?

さ〜〜て、ベッドから帝王切開の傷が痛まないように降りて歩く練習するわよぉ〜お。

さぁ、私の小さなおおかみちゃん〜〜!

そぉ〜〜よ、すっごく上手〜!

私の最高の生徒よぉ〜〜!

 

 

 

うっわ、なんだこの疲れるおばちゃん産後に勘弁して‥と思いました。怖がっていたので、夫に、あっ本気猫ちゃんのお友達がきたよクククッ(*゚∀゚*)とからかわれる始末。

 

 

 

日本が大好きらしく色々つっこんでお話しするので若干汗をかきながら返答する私(-。-;

 

 

 

そんな彼女かなりプロフェッショナルで、きちんと私の出産前のカウンセリングの記録にも目を通しており、妊娠中体調を崩していたことを承知していた唯一の助産師だった。

 

 

二人きりのたわいのない話の時は多分私に合わせてトーンダウンしてくれていて、私が今は大丈夫だけど頼れる人は夫だけだから今後はちょっと心配だねぇ〜的なことを話していると

 

 

ふと、

 

 

 

あなた自分が弱いとか、事足りないと思ってるんじゃない?あなたフランスに来る前に友人や家族とかと離れる決断をしたり向こうで積んだキャリアも諦めてきたんでしょ?あなたそういうことできる強さがどれほど貴重か分かるの?あなたはここにいる他の女性の誰よりも強いんだから自信もちなさい!

 

 

 

と言われて、なんだかジーンときた。

 

 

 

産後ホルモンバランスが崩れていたのだろうけど、ジーンを通り越して

 

 

強くてなんか得したことあったかなぁ。

弱くても楽な人生私だって過ごしたいよ。

‥と、メソメソ泣きながら考えた(´;ω;`)

 

10分たつとハァッ?何泣いてんの?ってくらい気分が変わる。

 

 

 

自分の人生は自分で決めよう、決めれる!

 

 

という言葉があるけど、

 

 

ほんとかなぁ?私には最初からそうなるようにプログラミングされていたような気がするんです。

【フランスのオムツ】こんなに消費するとは〜〜!

f:id:madamedidiclaire:20190420154657j:image

 

噂には聞いていたけど、こんなにオムツが早くなくなるものとは知りませんでした。買い物後に、うわっオムツがあと3つしかない!と気付くと

 

 

チャララーン_:(´ཀ`」 ∠):←母

 

 

となります。最初は病院で使っていたパンパースを使っていたのですが、最寄りの薬局で急遽買ったパンパース ハーモニーというちょっとお高めのものの方が気持ちよさそうで、いいものに変えてあげようか迷っています。他にもやたら高いものや、オーガニック素材?のものやら色々あるのですが。

 

 

ケチケチしたくないところですが、たまに一瞬にして三枚とか連続で変える羽目に(食いしん坊なベイビーのうんち攻撃)なるので迷うところ( ̄▽ ̄;) 

 

 

ちなみに病院でおしりふきはコットンに水を浸したものを使用していたのですが、自宅ではパンパース センシティブを使っていました。が、お尻が赤くなってきたのでまたコットンに戻しました。

 

助産師さんにオススメしてもらったのがこれ。

 

f:id:madamedidiclaire:20190420160156j:image

 

liniment リニモン という乳液状リキッド。

 

これを手で塗りなさいと指導されたのですが、一度思いっきりうんち攻撃にあったので懲りまして笑 湿らしたコットンに適量なじませて、さっと保湿しています。超テキトーに記憶した情報ですが、オリーブオイルたっぷりでフランス人ならみんな知ってる赤ちゃんグッズらしいです。薬局に小さいものなら確か3ユーロくらいから置いてありました、ぜひお試しを。

 

【生後一ヶ月検診】妊婦産後ロビー活動が功を成し。

f:id:madamedidiclaire:20190420153354j:image

 

あっという間に息子が誕生して一ヶ月、検診に出向きました。本来は小児科で受診したかったのですが、新規予約がとれない or 次回は6月ですなんてことばかり。なので、ジェネラリストにお願いすることにしました。

 

 

 

この先生は助産師の先生にオススメしていただいた方でちょっと不便な場所だったけど徒歩で行ってきました。初回だったので夫も仕事を抜けて一緒に。

 

 

噂通り子供に優しくてベビ太がニコニコ。そしてたっぷり話をしてくれました。◯◯しなさいと話すとストレスに感じるでしょ?あくまで提案ですが、問題なく成長しているので今の自分育て方でも全く心配ないです、とママに配慮した話し方も◎

 

 

 

あと私の体重をみてすごく疲れやすいでしょう?とか、帝王切開の人はこの時期精神ストレスが出やすい、私が日々感じていることの医学的根拠etcを夫の目の前で言ってくれてよかったです( ̄▽ ̄;)

 

 

私たち夫婦は全く性格や資質が違うタイプのカップルなので子育てのように初めて尽くしの場面ではすり合わせのストレスが発生するし、我の強い夫を前に私が折れてしまうことも多々あるので極力こういう場面に連れ出すのが一番平和的解決方法だなーとしみじみ思います。

 

 

ところで産まれてからすぐ、お友達や夫の同僚や上司から沢山プレゼントを受け取ります。(フランスでは割とよくあるときく。)

 

 

フレックスとはいえ、周りの人たちに沢山協力してもらって検診ごときで仕事を抜けさせてもらっているし、感謝感激。

 

 

昨日は◯◯国チームからと息子の名前いりギフトと私用にもプレゼントを頂いてしまいました( ̄∇ ̄)

 

 

まぁもちろん何もせずよくしてもらっているわけではなく、妊娠中や産後直後も得体の知らない夫の仕事関連のランチやディナーの誘いを断らず、自宅に招待とかも頑張ったからね、、、ボソッ。

 

フランスで住みやすくするために(多分)社交は必須です。

デザインにつられ、、、。

f:id:madamedidiclaire:20190417040934j:image

 

ついつい店の前を通る前にユニークなバスボムを買ってしまうLUSH。

 

 

巻き寿司そっくりなバスボムを見つけてついつい。夫が大喜び!彼はアボバスっていうバスボムのファンでもあります。

 

 

久々にラインナップをみたら、なぁんと20€のバスボムがでていた、、、、。

 

 

ところで一回につき200mlの完飲を記した生後一カ月のベビ太ですが、

 

 

ちょっとお利口にしててね♩と寝かしつけて即たっぷりのアロマバスを用意して

 

 

あ〜〜いい気持ち♡

 

 

と思ったら

 

 

ふぇええ〜〜‥( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

 

と泣き声が。少しだけ待ってくれるかな〜と放置したら‥

 

 

んぎゃ〜うんぎゃ〜

おんぎゃ〜〜怒怒怒

 

 

と、ブチ切れ状態。

 

 

なるほどなるほど。だからママが短い髪の毛にしたり、パパッとぬれるオイルやらオールインワンコスメに走るんだなぁ〜と超冷静に考えちゃった。

 

こういうときにさっさと羽織れるバスローブがやっぱりほし〜い。

やっと来た、、、、滞在許可証の連絡。

一月末に更新手続きをしてあっという間に二ヶ月半が経過‥。子連れであの非効率極まりない役所に問い合わせに行かねばならないのかと思うと

 

 

ズーン_:(´ཀ`」 ∠):←母

 

 

 

と思っていた矢先ピコーンとSMSが届いた、とりあえずホッとした。

 

 

 

お預けになっていた運転免許証の手続きや子供のパスポート申請もやらなきゃ。あ、あと子供の保険証(carte vitale)の連絡まだ来ないんですけど‥ブツブツブツ。

 

 

 

とりあえず今住んでいる都市の人たちは結構親切でまぁ感じが良い外見と表情を心がけ、フランス語ペラペラ風を装って爽やかにゴネたら大抵のことは何とかなると分かったので、気が楽です。